横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。

2018/02/20
■ 老後をプロデュース

 先日行われたボランタリー・フェスタの中で、「老後をプロデュース」する.....

続きを読む

ニッタ マガジン

ニッタ マガジン Vol.367 2018.02.19

電力にも仮想の世界が

 先日、新たなエネルギーシステムとして期待されるバーチャルパワープラント(以下VPP)について学ぶ機会を得ました。

 VPPは、電力を使用する側に蓄電池等のエネルギー資源を配置し、分散して存在する蓄電池等のエネルギー資源をIoTの技術で連携・統合させて、あたかも一つの発電所のように機能させることから、仮想発電所とも言われています。
 今後、革新的な分散エネルギーの市場が創り出されることが期待される様々な取組が行われていることを実感しました。

 現在横浜市では、民間企業と連携し市内の小中学校18校に蓄電池を設置し、VPPの構築に取組んでいます。
 電力需要がピークを迎えたときの対策などについて実証を進めており、それが面的に数多く蓄電池が配置されれば、電力ピーク時に火力発電所にかわるものとして期待されています。また、大災害が発生した時には地域防災拠点への電力として供給され防災性の向上にもつながります。

 平成29年の市会予算特別委員会での質疑でこの取組を取り上げ、国の動向を踏まえると実証から実装へと移行する絶好の機会と捉え展開すべきと主張しました。

 仁田まさとしは、エネルギー新技術の実装に取組みます。

☆ニュース & トピックス

平成29年度ニュース4月〜12月&トピックス
平成28年度ニュース&トピックス
平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス