横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。

2019/10/16
■ 第3回定例会が閉じました

 昨日、横浜市会の本会議で平成30年度決算が認定されました。

続きを読む

ニッタ マガジン

ニッタ マガジン Vol.450 2019.10.14

悲喜交々の週

 先週は、大きな喜びのニュースと大災害により尊い命が失われ生活が破壊される報道が続き、悲喜交々(こもごも)でした。

 9日、日米の科学者3人にノーベル化学賞が贈られることが発表となり、日本中が沸きました。
 リチウムイオン電池の開発に寄与した、米テキサス大学のジョン・B・グッドイナフ教授(97)、ニューヨーク州立大学のM・スタンリー・ウィッティンガム教授(77)、そして日本の旭化成名誉フェローで名城大学の吉野彰教授の3人です。
 リチウムイオン電池は、軽くて再充電可能な電池で、携帯電話や電気自動車、再生可能エネルギーの蓄電などにも利用されています。
 1970年代のオイルショックの最中、ウィッティンガム教授が、リチウムと二硫化チタンを電極に使い2ボルトを超える出力を実現。しかし、爆発し易いという課題も残りました。次にグッドイナフ教授が、二硫化チタンではなくコバルト酸リチウムによって4ボルトまで高めることができました。そして1985年、吉野教授は安全性を大きく向上させ商業化に耐えるリチウムイオン電池を実現させました。
 いや増して理科・科学教育に努めたいと思います。

 一方で先週末、台風19号が急速に巨大化し伊豆半島に上陸。関東を通過し東北に抜け、甚大な被害をもたらしました。
 犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。
 大雨特別警報が発令され、箱根町では48時間で1000ミリの雨量をもたらし、多摩川をはじめ各地の川が氾濫し住宅地が浸水した報道が続きました。土砂災害警戒情報も出され、随所に避難所が開設されました。
 東日本大震災の「釜石の奇跡」の因となった防災教育に携わった東京大学大学院の片田敏孝特任教授が、その直後に、これからは想像を超える風水害も懸念されると警鐘を鳴らしていたことが思い起こされました。風水害対策は重大な課題とあらためて心肝に染めました。

 仁田まさとしは、科学教育や災害対策に尽力します。

☆ニュース & トピックス

令和元年度ニュース&トピックス 4月〜7月
平成30年度ニュース&トピックス
平成29年度ニュース&トピックス
平成28年度ニュース&トピックス
平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス