横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。

2021/05/13
■ ワクチン接種の計画見直し

 高齢者へのワクチン接種計画が、8月中に8割完了から「7月末までに8割完了」に見直されました。

続きを読む

ニッタ マガジン

ニッタ マガジン Vol.532 2021.05.10

「沈黙の春」から脱炭素へ

 5月3日に行われた新型コロナウイルスワクチン接種の予約では大きな混乱があり、市民の皆様にも大変ご迷惑をおかけしました。
 本日は、主会場での約2万9千回分の予約が行われます。5月17日には新たな集団接種会場(南区は南スポーツセンター)分の予約や病院・診療所等の個別接種の予約が開始されます。
 公明党市議団は4月26日に林文子横浜市長に対して、紙媒体を活用するなど高齢者への丁寧な広報を要望しました。今週13日(木)には新聞購読世帯に配布される地域情報紙による広報が行われます。また、区役所にはワクチン接種相談員の体制が充実されます。
 今後も、予約枠が段階的に広がりますので、日程的に余裕をもって予約されますようお願い申し上げます。

 このゴールデンウイークの中で、久しぶりにレイチェル・カーソン氏の著書「沈黙の春」(Silent Spring)を読み返しました。

 著者のレイチェル・カーソン氏は、1907年にアメリカ(ペンシルベニア州)に生まれ、ジョンズ・ホプキンス大学で遺伝学を学び、アメリカ内務省で生物学者として研究に従事しました。
 そのレイチェル・カーソン氏が1962年に出版した「沈黙の春」は、DDTをはじめとした農薬などの化学物質が、食物連鎖により濃縮されることにより生態系に大きな影響を及ぼすことを公にし、化学物質により鳥達が鳴かなくなった春が訪れたことを通して危険性を訴えた作品となっています。後にケネディ大統領が強く関心を示しその施策に大きな影響を与え、国連人間環境会議のきっかけにもなった書であります。

 環境問題に強く関心を持つ契機となった書の一つとして大切にしています。
 環境への課題も時とともに移り、今、温暖化対策としての脱炭素が地球規模のテーマとなっています。

 仁田まさとしは、温暖化対策に全力で取り組みます。

☆ニュース & トピックス

令和2年度ニュース&トピックス
平成31年度ニュース&トピックス
平成30年度ニュース&トピックス
平成29年度ニュース&トピックス
平成28年度ニュース&トピックス
平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス