横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。
安心 プラチナ プラン 2015

アクション& コラム

2017/04/22
■ 本年度の防犯防火パトロール開始

 地元町内会の、防犯防火パトロールを行う防災・防犯部の結団式が行われ、本年度のパトロールを開始しました。

続きを読む

☆ニュース & トピックス

平成28年度 平成28年4月〜平成29年1月 ニュース&トピックス
平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス

ニッタ マガジン Vol.324 2017.04.17

前震・本震から1年

 熊本地震の前震・本震の発生から先週で1年が経過しました。
 14日には熊本県主催の追悼式が県庁で行われ、犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、熊本の新たな再生を誓うものとなったとのことです。

 報道によると、公明党の山口党代表が14日、国会内で、「みなし仮設」などを含む仮設住宅での生活を余儀なくされている方々が、今なお約4万8千人おられことに、住宅再建を求める声が強いと指摘するとともに、「東日本大震災の経験、教訓を参考にし、現場の要望に沿った支援をしていく」と強調しました。
 また、党熊本県本部は15日、「熊本県復興会議」を開催しました。その中では、これまでの復興支援の取り組みが報告され、来賓挨拶として蒲島県知事から「震災後の公明党の貢献は、非常に大きかった」とし「弱者に寄り添い、温かく対応していく姿勢がある」と公明議員への評価が示されました。
 石井国交相からは、住いの確保、熊本城の復旧、空港整備や阿蘇地域へのアクセスルートの復旧などに言及し、「ハード、ソフトの両面の対策を推し進めるとともに、国の技術力を結集させて復旧・復興を加速させていく」と訴えがありました。

 3月末に横浜市会の減災対策推進特別委員会委員として同僚の斉藤伸一議員(保土ヶ谷区)、中島光徳議員(戸塚区)とともに、甚大な被害のあった益城町を視察しました。屋根には多くのブルーシートが覆っており、活断層沿いと思われる河川の護岸に多くの決壊を確認したことが印象的でした。
 その後、熊本市と熊本県を訪問し、災害時の支援する側の課題と被災地自治体として支援を受ける側の課題等について、意見交換しました。

 仁田まさとしは、防災計画の充実に取組みます。