横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。

2019/09/13
■ 市会の常任委員会が連日

 横浜市会では、今週から来週にかけて常任委員会が開かれ、付託されている議案や...

続きを読む

ニッタ マガジン

ニッタ マガジン Vol.446 2019.09.16

読書活動の推進計画

 本日は敬老の日、高齢者の皆様にお祝い申し上げます。先日、厚生労働省が100歳以上の高齢者が7万1238人と初めて7万人を突破したと発表しました。49年連続で増加し、中でも女性が88%を占めるとのこと。安心の高齢社会に向けての取組みは急務です。

 高齢者はもとより全ての世代に大切な“読書”ですが、18日(水)より「横浜市市民読書活動推進計画(素案)」への意見募集が始まります。今回は平成30年までの推進計画に続く第二次となる計画で、令和元年から5年度を計画期間とします。

 第一次計画の中では、高齢者に向けた読み聞かせ、朗読、紙芝居などを行うボランティア育成講座などの参加者が増加し、高齢者自身が行う朗読会やおはなし会も行われていました。
 一方、市立の小中学生について、「最も身近な読書施設である学校図書館の利用が、貸出冊数、来館者数ともに、学校司書の配置が開始される前の平成24年度に比べ大きく増加し」ており、「学校図書館へ行くことが好き」と回答する児童生徒も、全ての学年で毎年増加しているとのこと。

 公明党は、「文字・活字文化振興法」の制定を主導し、2005年7月に施行されました。同法の第一条には、「文字・活字文化が、人類が長い歴史の中で蓄積してきた知識及び知恵の継承及び向上、豊かな人間性の涵養並びに健全な民主主義の発達に欠くことのできないものである」と書き込まれました。
 文字・活字文化のもとで進められる読書活動はそれらの理念の実現に極めて重要な取組みです。

 仁田まさとしは、市民の読書活動を推進します。

☆ニュース & トピックス

令和元年度ニュース&トピックス 4月〜7月
平成30年度ニュース&トピックス
平成29年度ニュース&トピックス
平成28年度ニュース&トピックス
平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス