横浜市会議員 公明党所属 仁田まさとし
シャープな感性、ホットな心 仁田まさとしの議員活動をご報告します。

2018/08/16
■ 終戦記念日に街頭演説

 73回目の終戦記念日となった昨日、公明党神奈川県本部は街頭演説会を開催しました。

続きを読む

ニッタ マガジン

ニッタ マガジン Vol.392 2018.08.13

認知症に早期支援

 この6日は平成で最後の広島原爆の日、9日は長崎原爆の日でした。日本、否、全世界が決して忘れてはならない日です。
 先に成立した、地方自治体として国際交流、国際協力、多文化共生等の取り組みを定めた「横浜市国際平和の推進に関する条例」に基づき、一層の平和への取り組みをと決意を新たにしました。

 さて、地元南区では、来月1日から認知症について新たな取組が始まります。

 認知症の人や認知症の疑いのある人およびその家族に対する、早期診断・早期対応に向けた支援体制として「認知症初期集中支援チーム」が新規に設置されます。
 その支援チームは、医療保健福祉に関する国家資格を有する専門職や認知症専門医等で構成され、医療や介護につながっていない認知症の人や疑いのある人の自宅に訪問し、医療機関の受診や介護サービスの利用を支援したり助言等を行い、安定的な支援につなげる役割を持ちます。
 対象は、在宅で40歳以上の認知症の人や疑われる人で、医療・介護サービスを受けていない人や中断している人、または、医療・介護サービスは受けているが、認知症の症状が強く、対応に困っている人です。
 初期集中支援は、あくまで受診への動機付けや介護サービス利用の勧奨・指導、重症度に応じた助言、身体ケアや生活環境の改善等であり、おおむね6ヶ月を初期集中支援期間とするとのこと。

 窓口は、地域包括支援センターまたは南区役所の高齢・障害支援課(341-1136)です。

 かつて受講した認知症サポーター養成講座で、認知症になっても尊厳が大切にされ認知症の人の意思が尊重されるべきことを学びました。その意味でも「認知症初期集中支援チーム」の取り組みに期待します。

 仁田まさとしは、認知症への支援に全力で取組みます。

☆ニュース & トピックス

平成30年度ニュース&トピックス
平成29年度ニュース&トピックス
平成28年度ニュース&トピックス
平成27年度ニュース&トピックス
平成26年度ニュース&トピックス
平成25年度ニュース&トピックス
平成24年度ニュース&トピックス
平成23年度ニュース&トピックス